×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LET IT BE/レット・イット・ビー




Click Here!
Two Of Us

Dig A Pony

Across The Universe

I Me Mine

Dig It

Let It Be

Maggie Mae

I've Got A Feeling

One After 909

The Long And Winding Road

For You Blue

Get Back
トゥ・オブ・アス

ディグ・ア・ポニー

アクロス・ザ・ユニバース

アイ・ミー・マイン

ディグ・イット

レット・イット・ビー

マギー・メイ

アイヴ・ガッタ・フィーリング

ワン・アフター・909

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

フォー・ユー・ブルー

ゲット・バック


最後に発売されたアルバムで、このときのレコーディング風景を記録した同名の映画のサントラ盤でもある。1969年にレコーディングされた未発売アルバム『ゲット・バック』を再編集したもの。これまでのアルバムはすべてジョージ・マーティンがプロデュースしているが、ここではフィル・スペクターが担当している。
余計なアレンジや音響技術を排除しようとした音づくりはシンプルで、ライヴ・レコードのような迫力が伝わってくる。当時の4人の心情を反映しているせいか、アルバム全体に哀感が漂い、聴く者は感傷的にならざるを得ない。とくに「レット・イット・ビー」と「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」を歌うポールには、ついに解散に行きついてしまったやるせない寂しさと虚無感さえ感じる。
ポールの脱退宣言のあと、1970年5月に発売され、あのビートルズ解散間近、という話題性も手伝って、発売前から人気を呼んでいた。アメリカでは、予約だけで370万枚と、予約枚数記録を更新した。イギリスのアルバム・チャートではもちろん1位、ゴールド・ディスクを獲得した。
準備中です
ただいま鋭意制作中です少々お待ちください。









 お得リンク