×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RUBBER SOUL/ラバー・ソウル




Click Here!
Drive My Car

Norwegian Wood (This Bird Has Flown)

You Won't See Me

Nowhere Man

Think For Yourself

The Word

Michelle

What Goes On

Girl

I'm Looking Through You

In My Life

Wait

If I Needed Someone

Run For Your Life
ドライヴ・マイ・カー

ノーウェジアン・ウッド(ノルウェーの森)

ユー・ウォント・シー・ミー

ノーホエア・マン(ひとりぼっちのあいつ)

シンク・フォー・ユアセルフ(嘘つき女)

愛のことば

ミッシェル

消えた恋

ガール

君はいずこへ

イン・マイ・ライフ

ウェイト

恋をするなら

浮気娘


6枚めのこのアルバムから、発売される作品はすべてオリジナルとなる(『レット・イット・ビー』の(7)のトラディショナル・ソングを除く)。完全にアイドルから脱皮し、「ただの騒音だ」と決めつけていた人たちの認識を変えることになった。
サウンド面では、生ギター、生ピアノを多用し、全体的におちついた雰囲気をただよわせている。また、アレンジにおいても、キーボードからパーカッション、さらにはインドの楽器シタールまで駆使して、かなり凝った意識的な音づくりをしている。コーラス・ワークも独自のものを確立している。詞の面でも、ジョンの内省的な世界をテーマにした作品がめだち始めるなど大きな変化をみせている。ジョージもすでにビートルズ・サウンドの一翼を担うまでに成長。発売当初のセンセーションは時の流れに埋もれてしまったが、曲のすばらしさは現在でも少しも輝きを失っておらず、聴くたびに新鮮である。また、ジャケットのコンセプトもアルバム・タイトルも4人が考え、それまでシングルの寄せ集め的色彩の強かったポピュラー・アルバムの概念を一挙に変えた。イギリスでは半年以上10位内に入る大ヒットとなった。
準備中です
ただいま鋭意制作中です少々お待ちください。









 お得リンク