×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE BEATLES(WHITE ALBUM)/ザ・ビートルズ(ホワイトアルバム)




Click Here!
Back In The U.S.S.R

Dear Prudence

Glass Onion

Ob-La-Di, Ob-La-Da

Wild Honey Pie

The Continuing Story Of Bungalow Bill

While My Guitar Gently Weeps

Happiness Is A Warm Gun

Martha My Dear

I'm So Tired

Blackbird

Piggies

Rocky Raccoon

Don't Pass Me By

Why Don't We Do It In The Road?

I Will

Julia

Birthday

Yer Blues

Mother Nature's Son

Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey

Sexy Sadie

Helter Skelter

Long, Long, Long

Revolution

Honey Pie

Savoy Truffle

Cry Baby Cry

Revolution 9

Good Night
バック・イン・ザ・U.S.S.R.

ディア・プルーデンス


グラス・オニオン

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

ワイルド・ハニー・パイ

コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ビル

ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス

ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン

マーサ・マイ・ディア

アイム・ソー・タイアード

ブラックバード

ピッギーズ

ロッキー・ラックーン

ドント・パス・ミー・バイ

ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード

アイ・ウィル


ジュリア

バースデイ

ヤー・ブルース

マザー・ネイチャーズ・サン

エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー

セクシー・セディー

ヘルター・スケルター

ロング・ロング・ロング

レボリューション1

ハニー・パイ

サボイ・トラッフル

クライ・ベイビー・クライ

レボリューション9

グッド・ナイト


ビートルズが設立したアップル・レーベルからの第1弾アルバム。最初で最後の2枚組のオリジナル・アルバム。まっ白なジャケットから『ホワイト・アルバム』と呼ばれている。サイケデリック花盛りの当時としては、かえって新鮮である。チャック・ベリーの「バック・イン・ザ・U.S.A.」をパロディにしてビーチ・ボーイズ風コーラスを聴かせるオープニング・ナンバー、初めてスカのビートを取り入れたdisc-1(4)、室内音楽風のdisc-1(12)、イギリスのブルース・シーンをちゃかしたdisc-2(2)、今もハード・ロック、ヘヴィメタ関係者がこぞってカヴァーするdisc-2(6)、ジョンとヨーコの前衛作品disc-2(12)、ストリングスとリンゴのヴォーカルがすばらしいララバイD(13)、などなど、内容は実にカラフルである。西洋音楽の歴史、と称されるほど幅広く、何でもありの盛りだくさんなアルバムだ。
1967年8月にマネージャーのブライアン・エプスタインを亡くしたこともあり、4人が団体行動をうまくとれなくなった時期である。やはりエプスタインの存在は大きかったのだ。4人そろってレコーディングする機会は減ってしまう。そのためにポールが全部の楽器を多重録音して仕上げてしまった曲もある。それはポールのファースト・ソロ・アルバム『マッカートニー』に通じるところもあるし、また、マルチ・プレイヤーの先がけとも言えるだろう。
バラエティに富んだ内容で、前作のようなトータル性はないが、あえてカラーをつけるとすれば、ヒット曲路線のキャッチーなA面、アコースティックなB面、ロックンロールのC面、実験的なD面、と言うこともできるのではないか。(CDでは、オリジナル・アナログ盤のA,B面がdisc-1、C,D面がdisc-2に収録)
曲が多いせいか、使用する楽器も多くて、曲調だけでなく音づくりも多彩である。パーカッションやサウンド・エフェクトの使用などで、新しい試みもいたるところで聴かれる。外部のミュージシャンの参加も、ぐっと増えた。disc-1(1)でリード・ギターを弾いているエリック・クラプトンは有名。その後もジョージをはじめとして長いつきあいになる。disc-2(1)ではヨーコ、リンダ、パティが、disc-1(6)ではヨーコ、モーリンと、それぞれの夫人がコーラスとして参加している。
チャートではもちろんナンバーワンに輝いたが、2枚組のものとしてはこれが初めてのことだった。イギリスでは予約だけで30万枚を越え、アメリカのビルボードではトップ100内に1年間もランク・インしていた。発売前もあとも大騒ぎの傑作である。
準備中です
ただいま鋭意制作中です少々お待ちください。









 お得リンク