×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルトサックスで吹くビートルズ めずらしいアルトサックスのためのビートルズ楽譜です。全曲模範演奏&伴奏のCD付きです。

US盤CD「ゲッティン・イン・オーバー・マイ・ヘッド」 ポールとブライアン・ウィルソンの歴史的共演曲を収録!ビートルズとともに60年代を代表するバンド、ビーチ・ボーイズの中心人物ブライアン・ウィルソンのアルバム(2004年作)にポールが参加。誕生日もわずかふつか違い、互いに影響を与え合いライバルであり友人のふたりがついにアルバムで初共演。「ア・フレンド・ライク・ユー」でデュエットを披露!
ABBEY ROAD/アビイ・ロード




Click Here!
Come Together

Something

Maxwell's Silver Hammer

Oh! Darling

Octopus's Garden

I Want You (She's So Heavy)

Here Comes The Sun

Because

You Never Give Me Your Money

Sun King

Mean Mr. Mustard

Polythene Pam

She Came In Through The Bathroom Window

Golden Slumbers

Carry That Weight

The End

Her Majesty
カム・トゥゲザー

サムシング

マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー

オー!ダーリン

オクトパス・ガーデン

アイ・ウォント・ユー

ヒア・カムズ・ザ・サン

ビコーズ

ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー

サン・キング

ミーン・ミスター・マスタード

ポリシーン・パン

シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー

ゴールデン・スランバー

キャリー・ザット・ウェイト

ジ・エンド

ハー・マジェスティ


発売は『レット・イット・ビー』より先だが、レコーディングされた時期はこちらのほうが遅いため、実質的にはビートルズ最後のアルバムと言える。この時期になると、4人そろってレコーディングする機会はますます減った。が、バラバラな時期にあっても危機感は感じられず、完成度の高い作品である。全体の構成もすばらしい。サウンドには達観したさわやかさが感じられ、4人の個性を十二分に生かした曲作りは小気味いいくらいだ。とくにB面のバラードの連なりはすばらしく、ローリング・ストーン誌に「B面だけで『サージェント』より価値がある」と絶賛された。ジャケットはアビイ・ロード・スタジオの前の横断歩道で、今も世界中のファンがこれを渡って写真を撮るためにやって来る。ポール死亡説が生まれたことで有名。その騒ぎの影響もあってか、全世界で1,500万枚以上売り、ビートルズのアルバムでは最高の売上を記録した。イギリスでは史上もっとも売れたアルバムである。








 お得リンク